リフレッシュ

天気も回復したので、観光。

霧島連山を見に行く。10年前に旅行した事があり、とても美しく印象に残った場所だったから。

霧島神宮で、10年前の御礼を伝え、宿泊先である、旅行人山荘へ。

 

ここは、蔵前仁一氏の雑誌「旅行人」旅行を扱う出版社のご家族がされているホテルです。10年前も宿泊し、大好きになった。

 

貸切露天風呂が、5つくらいあり、全て森の中にある。

てくてく、森を歩いて、露天風呂へ。

 


アカショウビン
アカショウビン

ここ貸切ですよ。すごくないですか?ちなみに無料です。

泉質は、硫黄泉。硫黄の香りが強烈に漂います。

そして、「蝉のひぐらし」の大合唱。

夏を感じます。

 

 

 

 

 10年前、カメラマン憧れ火の鳥の異名を持つ「アカショウビン」がキョロロ〜と鳴いていました。それが凄く良くて…アカショウビンの声で不思議な「この世じゃない感」を醸し出してました。

 

 

 

 

ちょっと、アカショウビンに出会えず寂しかった頃…

視線を森から感じ…

 

 


 

 

わかります?ビックリして、ピンぼけです(笑)


森の木の陰から、鹿がこちらを見ていたのです。

まだ、小鹿かな?おしりが白い毛でフサフサしていました。

 

かっかわいい!

3頭ほど、こちらを見ながら通過。

 

また、通過しないかと待ちすぎて、こちらは茹で上がってしまいましたよ(笑)

 

 

森の奥へゆったり、ゆったり。この世じゃない感を醸し出してました。