雑草という植物は、じつは無い。

先日、日本大学生物資源科学部の小島仁志先生の講座を受けました。

雑草の素晴らしさに感動してしまう講義でした。

雑草の説明を少しだけ…

 

さて雑草というイメージは、どういうものでしょうか?

 ・邪魔なもの

・すぐ生えてくるもの

・しぶとい…etc あたりでしょうか。

 

 

ネガティブイメージなものが多いと思います。

 でも、先生によると雑草という名前の植物は無い!とのことです。ざっくり説明しちゃうと(専門用語が難しいので)

 雑草とは…

 

野菜以外の草のこと

 

雑草の方が、圧倒的に範囲が広いということですね。

 

 

 

ちなみに山菜は、野草と呼ばれていますが、食べられる雑草ともいえる。

 

ほうほう、なるほど。

 

 

 

 

じゃあ野菜と食べられる野草って、どう違うの?

 

野菜=品種改良を受けたもの

それ以外=品種改良されていない自生しているもの

 

 

ということなのです。

 

 

 

 

そもそも品種改良って何?

品種改良

 

 

 

 

雑草のこと、少し理解が深まると嬉しいです。

 

 そして…農業の先生、小島(おじま)さんと雑草の先生、小島(こじま)さんは、本気で食糧危機の日について考えています。

 

 

 えぇ~食糧危機ってそれは極端すぎるでしょ!と思われるかもしれませんね。極端な話でしょうか。

実は私も最初は、極端だなぁと思いました。スミマセン。

でも、食材のルーツを探っていくと、強ち極端すぎることもないのですよ。

 

 

かなりざっくりいいます。

 

 

いわゆる野菜として栽培されているものは、長い歴史の中で栽培植物として品種改良を受けてきた。

その後、科学的に遺伝子組み換え、ゲノム編集して、人間の作業を効率化しようと変化させていこうとしています。

 

 

それの何が悪いの?と思われるかもしれません。

悪いか悪くないかが、まだわからないのです。人体及び自然界にどれだけの影響が出るかは、これから証明されていくからです。

 

自然界では、自然交配・交雑をします…悪かった!と判明してからでは回収し尽くすのは無理でしょう。

そこら辺のことは、とても上手に説明されているコチラ

 

 

そこで、雑草がスゴイのです。

先生によると雑草は、交雑しないらしい。

起源が億単位で古いので交雑し尽くしたのでは?という仮説です。

証明するには、まだ時間が必要かもしれませんが。

 

 

私の浅い知識の上での感想なので、理解不足と間違えがあるかもしれません。

でも、そういう未来を含めての講義でした。来年の春には、雑草の実食会だそうです。苦そうだなあ~